【伝説的漫画家】楳図かずお先生の自宅まことちゃんハウスを特定完了【画像】

『漂流教室』『まことちゃん』などの作者である伝説的漫画家である楳図かずお先生の自宅まことちゃんハウスです。
Googleマップからまとめました。

f:id:romarika:20200628165841j:plain


 

f:id:romarika:20200628165843j:plain

f:id:romarika:20200628165846j:plain

f:id:romarika:20200628165836j:plain

f:id:romarika:20200628165830j:plain
裏から。

このまことちゃんハウスは東京都に存在しています。

管理人は漫画オタクとしてあらゆるジャンルの沢山の漫画を読んできましたが、楳図かずお先生の代表作『漂流教室』が読んできた全ての漫画の中で、最も絶望的な世界観でした。

主人公が小学校ごと世界滅亡後の未来に飛ばされてしまうというストーリーなのですが、迫力と何より絶望感が凄まじいです。
まだ小学生の子供たちに大人でも耐えられないような困難が次から次へと襲ってきて、どうなるんだ!どうなるんだ!!と心臓をバクバクさせながら震える手でページを捲っていました。

次から次へと起こる壮絶な展開に読んでいて怖くて苦しい。
でもめちゃくちゃ面白い。
だからページをめくるのを止められない。
面白いことは間違いない、でもあまりの展開に読んでいてやっぱり苦しい。

未来の世界で必死に生きる主人公。
時を超えた母息子の愛。
究極の愛の物語。

『漂流教室』を全て読み終わった後、結末を含めて苦しくて胸が締め付けられました。
ハードなシーンもとても多いですし万人受けする漫画ではないですが、ハマる人はハマると思います。
作品のテイストとしては『進撃の巨人』に似ているかもしれません。

初めて読み終わってからもう10年以上経っているのに今でもふと『漂流教室』と主人公『翔』のことを今どうなっているんだろう…って考えてします。

『漂流教室』が凄まじく面白かったので楳図かずお先生の『14才』『洗礼』『おろち』『赤んぼ少女』なども読んだのですが、そのどれもが圧倒的な迫力を持つ素晴らしくて面白い漫画でした。

今も昔も大勢の人たちを怖がらせ、そして楽しませる楳図かずお先生は管理人にとって神様のような漫画家です。


 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする