【伝説の漫画家】ドラえもんの作者 藤子・F・不二雄先生の仕事場【画像あり】

『ドラえもん』『パーマン』などの作者で伝説の漫画家であられる藤子・F・不二雄先生の仕事場です。
2017年8月28日に『ドラえもん物語 ~藤子・F・不二雄先生の背中~』にて公開されました。

f:id:romarika:20181018215312j:plain


 

f:id:romarika:20181018215316j:plain

f:id:romarika:20181018215309j:plain

管理人は大長編含めてドラえもんの単行本を全巻所有しているドラえもんの大ファンなのですが、この漫画はファンなら読む価値があると思いました。

藤子・F・不二雄先生が大長編執筆や取材などで多忙な中、入ったばかりのアシスタントのため超丁寧に原稿をアドバイスをしていて、素晴らしい方なのは元々分かっていましたが、なんて素晴らしい方なんだろうと改めて感激しました。

また藤子・F・不二雄先生の漫画を読んでいると色々な物事に物凄く博識であることが伝わってくるのですが、それは藤子先生曰く「漫画を描くなら自分の好きな世界だけでなく……たくさんの世界を見て刺激を受けなさい!!」という考えによる物もあるんだな…と思いました。
『ドラえもん』の中では管理人の知らない知識が分かりやすく面白く出てくるので管理人の世界を広げてくれたと思います。

またこの漫画では描かれていなかったのですが、藤子・F・不二雄先生は実は物凄くブラックな面を持つ方なのが『藤子不二雄異色短編集』などの漫画を読むと伝わってくるのですがそれもまた魅力なんですよね。
ドラえもんでもちゃんと読めばブラックな面って分かると思います。
大長編では『のび太とアニマル惑星』などがそのブラックな面が分かりやすいでしょうか。

色々と書いてしまいましたが管理人は心から藤子・F・不二雄先生を天才漫画家だと思っています。
本当に大好きです!

藤子・F・不二雄先生の死後も『ドラえもん』は愛され続けていて終わっていません。
むしろ世界は広がり続けています。
『ドラえもん』だけではなく藤子・F・不二雄先生の他の漫画も愛され続けていてずっと残り続ける漫画ってなんて素晴らしいんだろうと改めて感激しました。

管理人の人生の中でドラえもんと出会えて、藤子・F・不二雄先生の漫画が読めて本当に良かったと思います。
藤子・F・不二雄先生は未来永劫日本の誇りですよね!


 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする