【漫画家の仕事場】進撃の巨人の作者 諫山創先生の仕事場【画像あり】

2010年代NO1大ヒット漫画である進撃の巨人の作者、諫山創先生の仕事場です。
2013年5月10日に未来シアターで放映されたものです。

f:id:romarika:20160805072758j:plain

スポンサードリンク

 

f:id:romarika:20160805072802j:plain

f:id:romarika:20160805072754j:plain

f:id:romarika:20160805072244j:plain

f:id:romarika:20160805072247j:plain

f:id:romarika:20160805072251j:plain

f:id:romarika:20160805072254j:plain

f:id:romarika:20160805072258j:plain

f:id:romarika:20160805072301j:plain

スポンサードリンク

 

f:id:romarika:20160805072303j:plain

f:id:romarika:20160805072315j:plain

f:id:romarika:20160805072304j:plain

f:id:romarika:20160805072308j:plain

f:id:romarika:20160805072311j:plain

諫山創先生の公式ブログによると2016年に引っ越ししてオーダーメイドの家具を新調しているので現在ここは諫山創先生の仕事場ではありません。

進撃の巨人はアニメ化以前、兄弟の本棚にあったのを前知識0でなんとなく読んでみたんですがあまりの面白さに仰天しました
単行本を読み進めるのが勿体ないのにページを捲ることが止められなくて”ああ…もうあと少しで読み終わっちゃう~”と残念に思った覚えがあります。
初めて読んだその日に完全に魅了されノックアウトされました。
こんなに面白くて凄い漫画がこの世に存在出来るとは…と。

それからアニメが大ヒットして漫画も大ヒットしてやっぱりこんなに面白い漫画は出版不況であっても売れるんだな…としみじみ思いました。
母も従兄も従姉も漫画やアニメに興味のない叔母までも見ていて一族で楽しみました。
従兄達はともかく母や叔母と同じ深夜アニメのファンになることは生涯無いだろうと思っていたので驚きました。

今でも進撃の巨人が大好きなのでファンとして諫山創先生の仕事場が見れて嬉しいです。
これからも進撃の巨人を応援していきます!

スポンサードリンク

 



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする